居場所革命、6th Place構想

VISION

人と時代が求めるもの。居場所革命、6th Place 構想。

"6th Place"ヒト・コトで人々を豊かに。居場所革命、6th Place 構想。
心地よい空間で 温かい仲間と 楽しい時間を
Messe 複合居場所事業
1th Place 暮らす 例:自宅 2th Place 働く・学ぶ 例:職場・学校 3th Place 楽しむ・癒やされる 例:カフェ・パチンコ・フィットネス

人は居場所がなくては生きていけない。

人はいつの時代も居場所を求めるものである。
遡れば、農耕や狩猟による食用確保が基本であった古代のコミュニティ。
生活や労働そのものが人の居場所となっていた。

長い年月を経て、物質的に豊かになり、居場所のあり方も変化する。
日本の近代では1960年代の高度経済成長期以降、都市部への急激な人口流入により、地域社会が大きく変容。
都市部では核家族化、個人化が進み、地方では高齢化、過疎化が進展。
コミュニティの弱体化・つながりの希薄化がさけばれるようになってきた。

2000年代においては、インターネットの普及、とりわけSNSの発達により
オンラインのつながりという新たな居場所が誕生。
しかしながら、2020年現在、日本のFacebookにおける月間アクティブユーザー数2600万人。
総人口の1/5に過ぎないという実態がある。

未来の居場所を、自ら考え、自ら創造する。

そして2020年。コロナ禍に直面したことで、私たちは自分たちの居場所について、
再び考え直すターニングポイントに立っている。リアルなつながりが制限される中で、
リアルなつながりや居場所の価値を改めて感じる人も多いのではないだろうか。

メッセの居場所革命、6thPlace構想はこうした考え方を前提にしている。
人はリアルな居場所なくして生きていけない。
更には、日本は高齢化が世界で最も進んでいます。
これをマイナスに捉えるのでは無く、今後世界でも進んでいく高齢化を、
明るく前向きに捉える為にの、実績やモデルを作っていく。
私たちはただパチンコ・アミューズメントを展開しているのではなく、
居場所を創造し、発展させていく日本を代表するモデルカンパニーを目指しています。

昨日の仕組みをそのまま繰り返すのではなく、もっと素敵な居場所にするためには、
もっと楽しめる居場所にするためには、何をどうすべきなのか。
自ら考え、自ら行動して、未来の居場所をつくっていく。

まだはじまったばかりの私たちの挑戦、ぜひご期待ください。

TOP