メッセの足跡

HISTORY

メッセ、心の歴史

平坦な道のりを歩んできた会社ではありません。人一倍苦労した。いろんな苦難を乗り越えてきた。でも、だからこそたくさん勉強できて成長できた。会社の沿革と言えるほど、立派なものではありませんが、不器用ながらに一生懸命歩んできた歴史、当時のエピソードも踏まえて紹介したいと思います。

大阪のやんちゃ少年、
学びの道へ

大阪生まれ、大阪育ち。近所の悪ガキとケンカばかりしているやんちゃな男の子の名前は宮本君夫。転機は中学2年のとき。このままだと良くないと思った姉が、近所の中学校から進学校に転校するようにとすすめてくれたのだ。君夫は学区外の中学に越境入学。勉強やスポーツに意欲的な同級生たちの存在に、目から鱗。そして、学問の面白さと出会うことになる。高校受験のときに助けてくれたのは兄。ワンランク下の学校をすすめる担任に対して、「北野高校にチャレンジさせてください」と説得してくれたのだ。君夫は関西屈指の名門進学校である北野高校に無事合格。卒業後は上京し、早稲田大学の法学部で学ぶことになる。姉と兄。誰よりも自分を大切に思ってくれた家族が自分の未来への道を開いてくれたこと。家族なくして、今の自分はいない。半世紀以上も前のエピソードが、メッセの大家族主義の原点。

家族を守るために
事業をはじめた

大学卒業後、一本気な性格で、心のままに生きていた君夫。ここでもまた、家族が君夫の人生を変えることになる。妻に子どもができたと告げられたのだ。これまで通り、自分のやりたいことだけをやってたんじゃだめだ。家族を守るための安定収入を得られる仕事をはじめよう。そんな君夫が目をつけたのは中古車販売業。一生懸命やれば成功できる。信念を持って朝から晩まで汗水たらして働き、世界でいちばん小さな中古車屋だと胸を張った。しかし、中古車に対する知識と経験の不足により、経営の根本が揺らぎ、どん底まで落ちたが這い上がってきた。夢と希望は失わなかったからだ。

10年間続けた
自動車販売業の廃業

当時、中古車センターの憧れの地、新小岩に拠点を確保する為に当該店舗に社長を訪ね数十回訪問し、こちらの熱意を伝え、その地を見事獲得した。その後、バブルが始まり、買った土地の値上がりのおかげで10年間自動車販売業を続ける事が出来た。その間、ローバージャパンの特約販売代理店になり、ミニクーパー、ローバースターリングなどの多数の外車販売をしたが、特にローバーは夏の高速度路上でエンジントラブルなどを起こした。修理工場を持っていなかったので修理の負担を有料ではなく自社が負っていた為、販売粗利を食いつぶし、売れば売るほど赤字が膨らんでいく羽目におちいった。中古車の販売も注文のある車を買うのではなく、オークションで沢山の見込み買いをして展示場いっぱいに並べて売ろうとしたが、売れ筋ではなく死筋商品の山を作った。展示場は売れない商品で一杯になった。全部処分して大赤字の山を作った。仕入れの責任者は辞めていく。これらすべて社長の責任と捉え、苦渋の決断としてまず廃業を決意。

経営を学ぶ、
優れた考え方を学ぶ

経営を立て直すためには何が必要なのかを学ぶために車の勉強だけでは足りないと、経営者が集う勉強会にもこまめに足を運び、真摯に経営を学ぶようになった。業種の転換しかない。その成功の可能性はまだわずかだが残っている。これに賭けよう。ちょうどそのころ外食チェーンで業績を上げているサイゼリヤの正垣さんに巡り合い数々の助言と示唆を受けた。「パチンコ業界」国民大衆から愛され支持されている業種で暴対法が施工され一層安心安全な産業となったことを契機に現金商売でもあるパチンコの業態に白羽の矢を立てた。

パチンコ素人からのスタート

パチンコとは全く無縁だったがパチンコ店を経営する諸先輩のアドバイスを受け自動車販売業を閉店した新小岩の地に1号店を構えた。開店前には是非とも駐車場を確保する必要があると考えて隣のマンションの13世帯にご納得いただき買い上げさせてもらう手段しかなかった。交渉したが案の定、難行苦行で心が折れそうになる日が何度かあった。だが奇跡的に1年で買い上げることに成功した。これは開発プロも驚く快挙であった。土壇場で駐車場付きのパチンコ店として、オープンに間に合わせることが出来た。グランドオープンは大盛況で成功したが、なにせ小規模だった為に借り入れとのバランスが取れず、初めから経営は苦しかった。その状況を打開する為に、借り入れの少ない賃貸での2号店の開店を目指してしゃにむに動き回り、遂に奥戸と巡り合った。だがその土地を確保する為には1年半の時間が掛かった。

北関東への挑戦

新小岩店・奥戸店・そして扇店、業者からもらっていた物件概要を深く考えずにごみ箱へ捨てていたが工夫を凝らせば行けるのでは?と考え必死に探し当てた。都内に3店舗を構えた頃、経営がやっと安定した。今後の地震対策も考慮に入れて、立地戦略と地代を含め初期投資が安価で東京からもっとも近い北関東に拠点を定めて開発案件を物色し、北関東エリア1号店の太田店を確保する事ができた。その後、本庄、佐野、桐生、高崎、羽生、富岡、足利へと快進撃を行った。8店舗の北関東エリアの開発は「あきらめない」「果敢に立ち向かう姿勢」「懲りずに学ぶ」この3つのことを大事にし、行動した結果2008年には売り上げは500億円を突破していた。中古車販売を行っていた頃の新小岩の2階に家族は移住した。子供たちは困難な状況の中それぞれ歯を食いしばって頑張ってくれた。家族として私たちは一丸となって前に進むことができた。

家族主義と実力主義の
はざまで揺れる

2005年には店舗数も増え、新卒採用が始まった。新入社員が入社したのを契機に福利厚生や教育の充実にも力を入れ始めた。2004年には宮本茂が入社した。(現:専務)社長は社員とのコミュニケーションを大事にする、いわゆる家族主義を掲げて経営をしていた。それを見ての入社決意だった。だが時代の流れの中で実力主義も組み込まないと時代に飲み込まれてしまうと危機感を抱くようになった。そう思い実力主義に軸足を置いた経営をした結果、社員との信頼関係が揺らぐようにもなり、経営の中でバランスが大切だという事を気付かされた。教育の重要性を重視し、7つの習慣・ペガサスセミナーでの学び、感謝接遇清掃の教育、考え方が大事だという事に気づき「盛和塾」に入塾し、「京セラフィロソフィー」を朝礼で輪読。組織強化の為の研修などをリンクアンドモチベーションから学び、メッセフィロソフィーが誕生した。

みんなで挑む、みんなで笑う

2020年、新型コロナウイルスが世界を襲った。いつまで続くのか、終わりの見えない状況の中で政府より営業の自粛要請があり全店休業をするのかしないのかの決断を余儀なくされた。取締役会で議論がなされている最中、専務が「何があっても従業員の生活は守りましょう!」と発言した。思いは役員一同同じだった。約2カ月全店舗休業し、アルバイト含む全従業員の生活は守った。緊急事態宣言が解除され、店舗再開。客足が戻るまでしばらくかかると踏んでいたが、なんと1カ月で売り上げは回復。新型コロナ対策を率先している会社としてメディアの取材を受けたりもしたが、自分たちが何よりも嬉しかった事は、店舗でお客さまから沢山の励ましの声を頂いた事、安心して来店出来るとのお声を頂いたことです。こんな情況だからこそ、不安な心を癒し、笑顔でお迎えする接客に一人一人が真摯に向き合い、私たちとお客さまが笑顔で過ごせる空間、居場所を提供していることに胸いっぱいの幸せをメッセ社員一同が実感しています。

TOP