未来想像委員会

SUSTAINABILITY

メッセフェス

年に2回、全社員が一挙大集合。メッセ最大イベント、メッセフェス。いちばんの目的は理念の浸透。よい仕事をした人、がんばった人を讃える。理念にそった行動や取り組みをみんなで共有して学び合う。時々プロポーズ大作戦が実行されることもあるなど、会社のオフィシャルなイベントでありながら、大家族主義を感じられるメッセらしい一コマも。

お客さまリクエスト

地域密着で地元の方々と毎日触れ合っていると、一人ひとりのお客さまの好みもよくわかってきます。時には強いリクエストをいただくことも。実現可能な場合は、店長決裁でできるだけ早くご対応するように心がけています。ある店舗で「毎日通うからこの遊戯台を入れてほしい!」とお客さまからリクエストをいただいた時のこと。担当者はその日のうちに店長に確認。翌週の月曜日に設置したというスピード事例も。

AEDによる救命措置

全店舗にAEDを設置。チーム長以上は講習を受講し、リーダー以上はAEDの使い方、救命措置の方法を学んでいます。高齢のお客さまも多く来店してくださるため、万が一の備えと対策が大事だと、全店舗で徹底。竹の塚店では、隣の工場で作業員の方が倒れられて、助けを求めに飛び込んでこられたという出来事がありました。電極パッドを直接胸部に貼り、AEDをかけて、ボタンを押して…講習のおかげで冷静に対応できました。

地元飲食店との連携

お客さまにとって居心地のよい居場所をつくること。そのためには、地元のお店や地元の方との連携もとても重要だと感じています。たとえば、メッセで楽しんでいただいたあと、飲食店で乾杯する。心もお腹も満たされる一日に。そんなゴールデンな流れをつくるべく、飲食店と提携してキャンペーンを開催。店内にポスターを貼ったり、おすすめ店MAPを作成したり、各店舗でそれぞれが工夫をこらして頑張っています。

連休取得キャンペーン

一般的に店舗の仕事は、長い休みが取りにくいという傾向がありますが、それを改善すべく組織をチーム制に変更。長いまとまった休みを取れるようにリーダーが工夫しながら、シフトを調整しています。旅行に行ったり、普段と違う環境に身を置いたりすることで、よいアイデアが生まれたり、日々の仕事の刺激にもつながるはず。社員の働き方の改善はもちろんのこと、人生全体を豊かにしたいという思いもふくめて、連休取得キャンペーンはこれからも推進していきます。

店舗の感染対策

新型コロナウイルスの影響で、店舗休業になり、その後の対策にいち早く動きだしました。入店時の検温、一台ごとに空席をもうける。今となっては、どの店舗もやっていることですが開始当初は他ではやっておらず、メディアの取材もきました。お客さまのため、社会のためになることなら、どんどん率先する。真似していただいて大いに結構。業界ブランドをあげるためにも、やるべきことをまっすぐ取り組んでいきます。

TOP